ディープ・ダイビング(1/2)

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

ディープダイビング(2/2)

①深度限界決定の5つの要素とは?

  1. ( )
  2. ( )
  3. ( )
  4. ( )
  5. ( )

[詳細]

  1. 環境(天候、海況、流れなどのコンディション)
  2. 体調(身体的、精神的なコンディション)
  3. 潜水可能時間(圧力グループ、水面休息時間)
  4. 潜水地情報(医療施設、トラブル対応方法や器材)
  5. バディの上記について

    詳細を隠す

②ディープ・ダイビングに適した器材とは?

  1. ( )を受けている

    [詳細]

    オーバーホール

    詳細を隠す

  2. ( )に慣れている

    [詳細]

    操作や調整

    詳細を隠す

  3. 深度変化による水温に適したスーツ
  4. ( )が揃っている

    [詳細]

    ゲージ類
    ・深度計とタイマー、又はダイビングコンピューター
    ・コンパス(方位磁石) など

    詳細を隠す

③ディープダイビング用の5アイテムとは?

[詳細]

  1. 潜降浮上用の( )[show_more](視標用などの為の)ライン(=ロープなど)
    ※ディープダイビングでは基本的にフリー潜降は推奨されない

    詳細を隠す

  • ( )を実施時に使えるように緊急用呼吸器材

    [詳細]

    安全停止や減圧停止

    詳細を隠す

  • 予備ウエイト(リスト・ウエイト、アンクル・ウエイト等)
  • 水中ライト
  • 緊急用機材(酸素、ファースト・エイド・キット等)[/show_more]
  • ④正しい姿勢、浮上速度、視標なしの潜降・浮上方法とは?

    • 潜降方法で適しているのは?
    1. ヘッドファースト
    2. フィートファースト 

      [詳細]

      フィートファースト 方向感覚が狂いにくい

      詳細を隠す

    • 潜降・浮上速度の管理に使うものや組合せは?
    1. 深度計
    2. ストップウォッチ
    3. タイマー
    4. ダイバーズウォッチ
    5. ダイビングコンピュータ

      [詳細]

      aとb
      aとC
      aとd
      e

      詳細を隠す

    • 視標がない場合速度や浮力をこまめに確認、調整しながら
    1. 足が下の姿勢(フィートファースト)
    2. 頭が下の姿勢(ヘッドファースト)
    3. バディと並んで
    4. バディと向かい合って

    [詳細]

    1. ◯足が下の姿勢(フィートファースト)
    2. 頭が下の姿勢(ヘッドファースト)
    3. バディと並んで
    4. ◯バディと向かい合って

    詳細を隠す

    ⑤エアー切れを予防する方法とは?

    空気消費料が深いほど( )ので、( )ほどよりこまめにチェックする

    [詳細]

    • 空気消費料が深いほど多いので、深いほどよりこまめにチェックする
    • 残圧が減ると高圧ホースが柔らかくなるので後半ほど触れておく
    • バディのエアーも同様にチェックし、把握しておく

    詳細を隠す

    ⑥安全停止での視標(ライン、斜面)の使い方は?

    [詳細]

    • 水深5mが胸の位置(窒素の吸収・排出が行われる圧力)で行う
      (減圧症の原因となる窒素は肺で吸収されるから)
    • ラインや水中地形(水底など)をつかむ
    • 上下が分かりやすいよう身体を垂直に
    • 浮力は中性か、深さを維持しやすいようややマイナス(沈み気味)
    • 深度、時間を再確認する(潜水時間と深度限界を再確認)

      詳細を隠す

    ⑦ガス昏睡(旧称:窒素酔い)の防止と対処は?

    1. より浅めのダイビングを行う
    2. 酔ったら、( )まで浮上する

      [詳細]

      バディ一緒に症状や徴候が消える深度

      詳細を隠す

    ⑧減圧症の症状と徴候を6つずつ

    症状

    [詳細]

    1. 腕、脚、胴部等の痛み
    2. 局部的な痺れ、ヒリヒリ感、マヒ
    3. フラフラする、めまいがする
    4. 異常な疲労感や脱力感
    5. 皮膚のかゆみ
    6. 息切れ

      詳細を隠す

    徴候

    [詳細]

    1. 皮膚に斑状の発疹
    2. 腕や脚をさすったり、かばうような姿勢
    3. ふらつき
    4. 咳き込み
    5. 虚脱感
    6. 意識喪失

      詳細を隠す

    ⑨減圧障害で最も多い原因は?

    [詳細]

    [caption id="attachment_1433" align="alignright" width="735"]事故原因 クリックで拡大[/caption]

    詳細を隠す

    ⑩減圧症の危険性を最小限にするには?

    • 減圧症を防ぐプロフィールなどの手順に従う
      • 浮上速度
      • 安全停止
      • 後ほど浅く など
    • ダイビングコンピュータの指示を守る(より控えめがベター)
    • ダイブ・テーブル(RDPを含む)の限界を超えない
      • RDPでは
        • 18mの限界は

          [詳細]

          56分

          詳細を隠す

        • 20mの限界は

          [詳細]

          45分

          詳細を隠す

        • 22mの限界は

          [詳細]

          37分

          詳細を隠す

        • 25mの限界は

          [詳細]

          29分

          詳細を隠す

        • 30mの限界は

          [詳細]

          20分

          詳細を隠す

        • 40mの限界は

          [詳細]

          9分

          詳細を隠す

    ディープダイビング(2/2)

    世界の海をあたなの舞台に!

    シェアする

    フォローする

    世界の海をあたなの舞台に!