SPインストラクターコース(概要)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

SPIトレーニングでは、ダイバー向けSPコースの計画、編成、実施、また、プロモーションなどをカバーしています。

指導者として幅を広げたい、専門生を高めたい、上級指導者を目指したいといった上昇志向の指導者向けコースです。

達成条件

  1. SPコースのアウトラインから知識開発プレゼンテーションを実施する。
  2. SPコースの意図と目的を述べる。
  3. SPIガイドに基づき規準と手続きを確認する。
  4. 生徒ダイバーと指導者の必要器材をリストする。
  5. SPコースの海洋実習における注意事項を確認する。
  6. 知識開発と水中スキルの全達成条件のマスタリーを示す。
  7. 海洋での講習課題を実施し全達成条件のマスタリーを示す。
  8. 生徒が確実に達成条件を満たせるよう実施方法を確認する。
  9. マーケティングとプロモーションについてのワークショップ。
  10. 価格設定に関わる事業プランを確認する。

必要期間

  • 1 日に実施できるトレーニング・ダイブの回数は3 回まで。
  • コースは通常2 日間にわたって実施する。

監督

認定条件

  • 該当する分野で10 回の海洋ダイブ経験をログに記録している。
    • ノンダイブSP等一部例外ががある。
    • SPIトレーニングで実施したダイブもこの回数に数えることができる。

リンク

スポンサーリンク







シェアする

フォローする