シェアする

プロとして続ける分岐点




このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

ココモの唐沢です。

よくあるご相談の分岐点について。

プロとしてスタートするにあたって

将来像を定め、分岐点を意識しておくと、日々の行動がいい方向に向かいます。1989年からの中間報告的として次の2つの分岐点を紹介します(もっと長期のものを望む方は、他でお探しください。)。

海プロとして・・・

次のどれかしかありません。

因果応報

SHOW MORE

結構単純な道の先(将来)で、選べるのはひとつだけ

レベルアップ 維持/停滞 レベルダウン
続けられる 楽しい まぁまぁ 奇跡/運
行き詰る/退場 健康?家庭? 倦怠/疲弊 悲劇

show less

この職業の選択理由は?

この質問に「大富豪になりたいから」という人はほぼ居ないでしょう(居ても少数派)。

子供の頃、野球選手を目指し、医者を目指し、弁護士を目指し、宇宙飛行士を目指し…

そこに「金勘定」はあったでしょうか?(まぁ居ないこともないでしょうが…)

よく聞く動機

SHOW MORE

  • 海、海中生物など自然が好きだから
  • ダイビング自体が好きだから(他の職業同様)
  • 写真撮影など海での活動が好きだから
  • 海やダイビングの良さを広めたい
  • 海やダイビングを通してダイバーを育てたい
  • …など

show less

これらを実現する夢と希望を抱きながら、日々退場に向かう道を選ぶプロが居ます。どの業界でも、年々誕生するプロ同士が競争関係にあり、市場には許容範囲があることから、ある程度は勝たねば生き残れないストレスを抱え、選択を誤ってしまうプロです。

そもそも有利?不利?

競争関係に、次の様なスタート時点での有利不利があっても、ゴルフと違ってハンデは与えられず、ただのハンデに過ぎません。

SHOW MORE

ハンデの意味の二面性
  1. 強者につける不利な条件、持ち点。
  2. 弱者に与える有利な条件、持ち点。
  3. 弱者から見た強者との。立場を不利にする条件。

現実には3でしかない。「格差」のこと。

例えばココモは…顧客ゼロのスタートで、広告宣伝費も十分になく、小さな住宅街のアパートの一室からでした。

show less

具体的なハンデ

SHOW MORE

  • 地盤がある(二世、多角化のひとつ等)
  • 資本がある
  • 他の卓越した特技、才能、知名度等がある
  • 他の収入を確保している

show less

大丈夫です!

どう大丈夫か???

何でもご質問ください!具体的にガイドします。

お問合せ
お問合せ
すぐに返しきれてないこともありますが必ず回答いたします。 読み込んでいます...

The road not taken(選ばれざる道)

(ロバート・フロスト)

夕焼けに染まった森の中で、道が二手に分かれていた
残念ながら、両方の道を選ぶことはできない
私はどちらを選ぶか長く考え、片方の道に目をやった
その道は、多くの人が通り、整備されていた道だった

それから、もう一方の道に目をやった
そっちは誰も通らない道で、草が生い茂っている
私にはそっちの道のほうが、とても魅力的に見え、その道を歩き始めた
わたしは自分の歩む道は、自分が作らなければならないと思ったから

あの日、私は自分自身の道を選ばなければならなかった
あっちの道はまたの機会にしよう、と思ったが、二度とこの場所に戻ってこないことを、私は知っていた

私はいま、昔のことを思い出し、ため息をついた
ずっと昔、森の中で道が二手に分かれていた
そして私は、人が通らない道を選んだ
その道のりは、想像を超えるほど大変なものだった
しかしそのことが、どれほど私の人生を刺激的で、おもしろいものにしてくれたことか

アメリカの多くの子供は、アメリカンドリームを象徴するものとして、長年にわたって親しまれ、彼の詩の中でもっとも有名なものとなっているこの詩を学ぶ。(出典:Wikipedia

ストレスからの選択肢

個別の有利不利はともかく…

競争のストレスによる反射的な行動とは・・・?

(続きは次回)




フォローする