シェアする

レスキューダイバー(プール・トレーニング)




このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

レスキューダイバーへの道

レスキュー・テクニックは、まず、何度も繰り返すことで身につきやすいプールで習得します。

その後、海で実践的なシナリオで実習します。つまり、海では既にプールで身につけた技術の応用です。

海で練習していては、実践的な実習はできません。プールでしっかり身につけておきましょう。

リビュー・セルフレスキュー

ライセンスコース(OWD)での復習

人をレスキューするには自らが、人に頼らず自分自身で努力できる能力を確認&身につけておきます。

  • 足のつり
  • 水面でオーラルで浮力確保(BCDとウエイトの操作有り)
  • 気道のコントロール方法。
  • バックアップ空気源の活用方法。
  • ヴァーティゴと対応方法のシュミレーション。

レスキュートレーニング

課題① 疲労ダイバー

水面で疲労している(パニックは起こしていない)が、反応のあるダイバーの水面でアシスト。

  • アプローチと状況判断。
  • コンタクトの取り方。
  • 事故者を落ち着かせ安心させる方法。
  • 移動と器材を外すアシスト法。

課題② パニック・ダイバー

パニックを起こしている(理性を失っている)ダイバーのレスキュー。

  • アプローチと状況判断。
  • コンタクトの取り方。
  • しがみついてくる事故者を振り払う方法。
  • パニック・ダイバーからのクイック・リバース。

課題③ 浜、ボート、桟橋からの対応(反応があるダイバー)

トラブルを起こしていて反応があるダイバーのアシスト

  • リーチ、エクステンション、スローイングなどのノンスイミング・アシスト。
  • 事故者から目を離さないアプローチ
  • 浮力補助具がある場合とない場合のスイミング・アシストとレスキュー。
  • 器材を外す場合と外さない場合曳航:
    • アンダーアーム・プッシュ
    • シリンダー・バルブ・トゥ
    • 修正された疲労スイマー・キャリーなどの曳行。
  • ?エキジット方法。

課題④ 水中でトラブルに遭遇しているダイバー

  • 水中で、動きすぎによる疲労状態をシミュレーションしているダイバーを正しく識別し、対応する。
  • やみくもに浮上しようとしているパニックダイバーを正しく識別し、対応する。
  • バックアップ空気源を使用して、エア切れをシミュレーションしているダイバーを正しく識別してエアを与え、エアを分けあいながら一緒にコントロールされた浮上をする。

課題⑤ 行方不明ダイバーの捜索方法

次の様な水中サーチパターンを使用して、迅速に効率よく行方不明ダイバーを捜索して発見する。

  • スパイラルサーチ
  • Uサーチ
  • サーキュラーサーチ
  • ジャックスティサーチ など

課題⑥ 反応がないダイバーの浮上方法

  • 浮上の補助に、浮力をプラスで、できる範囲でコントロールしつつ浮上する。
  • 反応がないダイバーまたは救助者自身の浮力をできる範囲でコントロールしながら、事故者を水面に浮上させる。

課題⑦ 水面で反応がないダイバー

  1. 水面で反応がないダイバーにアプローチして呼吸をチェック
    • 浮力を確保しながら助けを呼び、ダイバーを仰向けにする。
    • ダイバーのマスクとレギュレーターを外し、気道を確保して呼吸を確認する。
  2. 以下の方法で水中でのレスキュー呼吸をする方法
    • マウス・トゥ・ポケットマスク
    • マウス・トゥ・マウス
    • マウス・トゥ・ノーズ(オプション)
    • マウス・トゥ・スノーケル(オプション)
  3. 効果的なレスキュー呼吸を続け、エキジットへ向かってダイバーを曳行しながら器材(事故者と救助者)を取り外す方法

課題⑧ 反応のないダイバーのエキジット方法

アシストの有無や、深さが足の届かない、腰の深さ、浅い場合等の環境に対応できるようになります。

  • 呼吸しているが反応がないダイバーを、アシストありとアシストなしでエキジットさせる方法。
  • 呼吸していないダイバーを、アシストありとアシストなしでエキジットさせる方法。

課題⑨ 圧力関連事故のファーストエイドと酸素供給

  • 呼吸をしているが反応がなく、減圧障害が疑われるダイバーに酸素供給するステップと手順。
  • レスキュー呼吸用のポケットマスクを使って、呼吸していないダイバーに酸素供給をする方法。

課題⑩ 水面で反応のない(呼吸していない)ダイバー

レスキューダイバーとして、浜/ボートから対応する。

反応がなく呼吸をしていないダイバーをレスキューしなければならないという緊急事態に対応し、水面でのレスキュー呼吸、エキジット、CPRを実施する。




フォローする