エアーマネージメント(残圧管理)

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

こんにちは!ココモの唐土です。

エアーマネージメント・・・ダイビングの経験を積むにつれ自然と感覚で身に付くものですが・・・

プロの方は、今一度数値で教えてあげられるよう確認して置いてください。

残圧管理の大前提は!

エアーマネージメント

クリックで拡大します

数値で理解できているということです。

それ以外は・・・

根拠に欠けたヤマ勘、第六感?であったり、時には悪しき習慣であったりします。

安全で楽しいダイビングの為に、一度はしっかり押さえておきましょう。

そしてその先に、マルチレベルディープレック(沈船)はじめ様々ダイナミックなダイビングが広がっています。

設問

潜降開始から、エアー残量がいくらになればUターンを始めるかという考え方と計算方法についてです。

ビーチ・ダイビングを計画しています。なだらかな水底の傾斜に沿って潜降と浮上をする予定です。

2人とも同じようなシリンダー(タンク)を使い、それぞれ200 bar(≒気圧)の空気が入っています。

下記●の条件は同じとして、1と2の場合で方向転換する時の残圧(残圧計の示すタンク内の空気残量)はいくらですか?

  • 予備の分として50 barを残す。
  • 安全停止用にさらに20 barをとっておく。
  • どちらかが先に次の残圧になったら方向転換して戻る。
    1. メインに使える空気の2分の1を使ったら・・・
    2. メインに使える空気の3分の1を使ったら・・・

世界の海をあたなの舞台に!

シェアする

フォローする

世界の海をあたなの舞台に!