RDPを使った潜水計画の番外編(表面のみ使用)

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

RDOこんにちは!ココモの唐沢です。

PADIダイビングライセンスコースで習う潜水計画として、RDPを使った深さと時間のプランニングは、通常、表面裏面水面休息時間の3つの表で計画を立てますが、今回は異なる表の見方を案内いたします。

表面だけで!

裏面を使わず、表面だけで潜水計画を立てる方法を動画にアップしました。

ただし、初心者の方がこれでのみ計画を立てると、裏面の注意書きなどを見過ごすとよくありませんので、RDPを使いこなすための考察的な計画練習としてチャレンジしてみてください。

例題1

  • Dive1 15m 40分 → ( )
  • 水面休息 1:00 → ( )
  • Dive2 13m 50分 → ( )

解答

[詳細]

  • Dive1 15m 40分 → N
  • 水面休息 1:00 → D
  • Dive2 13m 50分 → T

詳細を隠す

例題2

  • Dive1 18m 30分 → ( )
  • 水面休息 0:30 → ( )
  • Dive2 15m 30分 → ( )

解答

[詳細]

  • Dive1 18m 30分 →K
  • 水面休息 0:30 →F
  • Dive2 15m 30分 →R

詳細を隠す

動画で解説

計画、その他に関するご質問、お気軽にお問い合わせください。

役に立ったと思われた方は是非、他の方にも下のボタンからシェアしてください<m(__)m>

世界の海をあたなの舞台に!

シェアする

フォローする

世界の海をあたなの舞台に!