ダイコンより簡単★RDPの表面でOK!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

RDOこんにちは!ココモの唐沢です。

PADI OWDコースで習うRDPでの潜水計画は、通常、表面裏面を使いますが、今回は表だけの超★簡単なプラン法を案内します。[1]計画に慣れない方は、裏面の注意を見過ごしやすいで、RDPの考察的な練習としてチャレンジしてみてください。

表面(おもてめん)だけで!

日常では円滑に物事を進めるのにPDCA等、つまり計画管理の前提と分かっていてもストレスダイバーは実施しない傾向があります。

こんなに簡単!潜水計画

深さと時間を踏まえてダイビングすると、自分がどこにいてどこに向かってるかが分かってきます!勿論、ドンドン楽しくなります!

例題1

  • Dive1 15m 40分 → ( )
  • 水面休息 1:00 → ( )
  • Dive2 13m 50分 → ( )

解答

[詳細]

  • Dive1 15m 40分 → N
  • 水面休息 1:00 → D
  • Dive2 13m 50分 → T

詳細を隠す

例題2

  • Dive1 18m 30分 → ( )
  • 水面休息 0:30 → ( )
  • Dive2 15m 30分 → ( )

解答

[詳細]

  • Dive1 18m 30分 →K
  • 水面休息 0:30 →F
  • Dive2 15m 30分 →R

詳細を隠す

ご覧いただきありがとうございました

計画、その他に関するご質問、お気軽にお問い合わせください業界貢献として無料対応しております)。

役に立ったと思われた方は是非、他の方にも下のボタンからシェアしてください<m(__)m>

注釈   [ + ]

1. 計画に慣れない方は、裏面の注意を見過ごしやすいで、RDPの考察的な練習としてチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク







シェアする

フォローする