必勝★合格問題集③/5




ダイビング環境

ダイビング前にオリエンテーションが必要なのは?

  1. 初めての海域でダイビングするとき
  2. 以前に経験のある海域でダイビングするとき
  3. 上級コースに参加していないダイバー
  4. インストラクターがバディでないとき

1 1

A. 初めての海域でダイビングするとき

初めての海では、初心者は勿論、ベテランインストラクターでも、オリエンテーションをうけるものです。

1 1

透明度が悪い、又は良すぎる時に、方向感覚を見失わないようにするには?

  1. 目を閉じてじっとする
  2. 上を見上げてゆっくり周りを見渡す
  3. 深くゆっくりの呼吸で落ち着く
  4. 目標ラインに沿って移動する

1 1

  1. × 目を閉じてじっとする
    目を閉じると方向感が狂いやすい
  2. × ゆっくり上を見上げて周りを見渡す
    上を向いたり回ったりすると方向感が狂いやすい
  3. × 深くゆっくりの呼吸で落ち着く
    方向感覚とはあまり関係がない
  4. 目標ラインに沿って移動する

ラインとは、アンカー(錨)、潜降&浮上用やブイをとめるロープのこと

移動とは、主に潜降浮上

1 1

水流、天気、浮遊物などによる水中への影響とは?

  1. 潮流やうねり
  2. 潜水可能時間
  3. 潜水前の安全点検
  4. 透明度や透視度

1 1

D. 透明度や透視度

1 1

ダイビングスタート時、緩やかな流れがある場合は?

  1. 流れに乗る方向に進む
  2. 流れに逆らう方向に進む
  3. 流れを横切って進む
  4. 流れには何も影響を受けない

1 1

B.流れに逆らう方向に進む

1 1

海底の構成物がダイビングに与える影響とは?

  1. 水温
  2. 水の流れや水の抵抗
  3. 浮力
  4. 透視度などの視界

1 1

D. 透視度などの視界

1 1

トラブル回避・対応

水中生物で怪我をする主な原因とは?

  1. ダイバーを食べ物としている
  2. ダイバーが食べ物をあげなかった
  3. 水中生物の攻撃的性質
  4. 水中生物の防衛本能

1 1

D.水中生物の防衛本能
水中生物が自分自身を守ろうとした結果、ダイバーが怪我をすることが多い

1 1

水面でのトラブルを防ぐには?

  1. 最新の(古くない)器材でダイビングする
  2. 慣れた海域で上級者とダイビングする
  3. ビーチでなくボートでダイビングをする
  4. プラス浮力を維持し、動き過ぎない

1 1

D. プラス浮力を維持し、動き過ぎない

水中ではゆっくり動く理由とは:

  • 動く速さ2倍になると、
  • 水の抵抗4倍(二乗倍)になる

1 1

水面でトラブルダイバーを見かけましたまず何をします?

  1. 何が原因か確認する
  2. 緊急用酸素を与える
  3. ダイバーをエキジットさせる
  4. 浮力を確保して呼吸を確認する

1 1

  1. × 何が原因か確認する
    浮力の確保が優先
  2. × 緊急用酸素を与える
    酸素供給はエキジットしてから
  3. × ダイバーをエキジットさせる
    浮力の確保が優先
  4. 〇 浮力を確保して呼吸を確認する

エキジット=水から上がること

1 1

水中で何かに絡またら、まずはどのように行動する?

  1. 力ずくで引っ張ってみる
  2. 止まって、考えて、行動する
  3. スキューバ器材を脱着して外す
  4. バディを呼んでほどいてもらう

1 1

B. 〇 止まって、考えて、行動する

この問題の糸は、状況にる「対処法」として、

A、C、Dなどの方法が適切だとしても、

それに至る前の最初の行動は、

まず「止まって、考えて、行動する」であるべきだということ。

1 1

次のハンドシグナルの意味は?

  1. この深度を保て
  2. エアーが無い、エアー切れ
  3. 中性浮力を保て
  4. あいーん

1 1

B. エアーが無い、エアー切れ

1 1

エア切れやエアー切れ間近での行動とは?

次の手順(A~D)と、各状況(1~4)の組み合わせは?

浮上手順 状況
A. 緊急浮力浮上
(ウエイトを外す)
※浮力を使って浮上する
B. (コントロールされた)
緊急スイミングアセント
※「アー」と声を出し続けて泳ぐ
C. 通常の浮上
D. バックアップ空気源での浮上
(バディのオクトパスなど)
1. バディが近くに居る
2. エアがかなり少ない
(エアー切れではない)
3. バディが遠くに離れている
4. バディが遠くに離れている
(深度が9mより深い)
  1. ( )
  2. ( )
  3. ( )
  4. ( )

1 1

  1. (4)
    緊急浮力浮上 – バディが離れていて深い(9mより)
  2. (3)
    緊急スイミング浮上 – バディが離れていて浅い(9mより)
  3. (2)
    通常の浮上 – エアー切れではない
  4. (1)
    バックアップ浮上 – バディが近くに居る

1 1

エキジットさせた意識不明のダイバーの注意点は?

  1. パニックレベル
  2. けいれんの有無
  3. 呼吸と循環があるか
  4. 水を吸い込んでないか

1 1

C. 呼吸と循環があるか

1 1

水中でバディを見失ったら(はぐれたら)?

  1. バディの泡を水中で3分探して会えなければ浮上する
  2. まず浮上し、水面で1分探して会えなければ潜降する
  3. まず浮上し、水面で会えなければ水から上がる
  4. 水中でバディを1分探して、会えなければ水面で探す

1 1

D. 水中でバディを1分探して、会えなければ水面で探す

1 1

方向感覚(特に上下)が分かりにくいのは?

  1. 水面
  2. 中層
  3. 水底
  4. 上のBとC

1 1

  1. × 水面
    水面を基準に上下が分かる
  2. 中層
    目印になるものが無いと上下が分かりにくい
  3. × 水底
    地面を基準に上下が分かる

1 1

緩やかな流れがあるとき、ダイビングのスタートは?

  1. 流れに乗る
  2. 流れを横切る
  3. 流れに斜めに
  4. 流れに向かう(逆らう)

1 1

D. 流れに向かう(逆らう)

1 1

水面からバタバタしながら顔を上げ、マスクやスノーケルを外し、コミュニケーションがとれないダイバーは?

  1. 準備中
  2. 疲労状態
  3. パニック状態
  4. エクササイズ中

1 1

  1. × 準備中
    ないです…
  2. × 疲労状態
    疲労だけでパニックでない場合はコミュニケーションが取れる
  3. パニック状態
    コミュニケーションが取れない(=パニック)の人へは、ある程度のレスキューテクニックが必要でしょう
  4. × エクササイズ中
    ちがうでしょう…

1 1

水面で反応のないダイバーを見つけたら、まず何をすべき?

  1. 体温を保つ
  2. 酸素を供給する
  3. 何が原因か調べる
  4. 呼吸の有無を調べる

1 1

  1. × 体温を保つ
    水中では困難
  2. × 酸素を供給する
    水中では困難 – 水から上げてから
  3. × 何が原因か調べる
    事故者への対応を優先しましょう!
  4. 〇 呼吸の有無を調べる
    意識の確認、呼吸の確認ですね!

1 1

エアー切れになったとき、バディが近くに居たらどうすべき?

  1. 緊急スイミングアセントをする
  2. 緊急浮力浮上をする
  3. バディの予備エアーを借りて浮上する
  4. バディの予備エアーを借りて予定通りダイビングする

1 1

C. バディの予備エアーを借りて浮上する

1 1

ダイビング中にレギュレーターがフリーフローしたら?

  1. 緊急スイミングアセントをする
  2. 緊急浮力浮上をする
  3. マウスピースを密閉するように、しっかり咥えて呼吸する
  4. マウスピースを密閉しないように、すするように呼吸する

1 1

D. マウスピースを密閉しないように、すするように呼吸する

必要な空気をすするように吸うことを、「すすりすう」ともいう

1 1




お疲れさまでした!折り返しを過ぎました

間違った問題はマニュアルで確認して試験に臨みましょう!

その他、何でもお気軽にお問合せ下さい。

電話-直通 090-9872-0008
電話-教室 079-282-5566

メール info@cocomo.jp

HPフォーム https://cocomo.jp/?page_id=38

Facebook  https://www.facebook.com/ccm.taro

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする