必勝★合格問題集②/5




水中の特有な環境

水中での見え方は、陸上とどう異なって見える?

  1. 遠く、小さく
  2. 遠く、大きく
  3. 近く、小さく
  4. 近く、大きく

show more

D. 近く、大きく

33%拡大して見える

show less

水中で音はどのように聞こえる?

  1. 大きさが分かりにくい
  2. 音の原因が分かりにくい
  3. 人工音か自然音か分かりにくい
  4. どちらの方向からか分かりにくい

show more

D. どちらの方向からか分かりにくい

show less

水中では方向感覚が、陸上より分かりにくい原因は?

  1. 光の速度が、より速いから
  2. 音の速度が、より速いから
  3. 潮流速度が、とても速いから
  4. 水中生物が、とても速く移動するから

show more

B. 音の速度が、陸上より速いから

show less

水中で寒くて震えが止まらない場合は?

  1. 動くことで体が温まる
  2. ゆっくり動くことで体温が保てる
  3. 水が出入りしないよう手足を動かさないようにする
  4. ダイビングを中断し、水から上がり、乾いた服を着る

show more

D.ダイビングを中断し、水から上がり、乾いた服を着る

show less

ダイビング中の呼吸はどのようにすべき?

  1. 必要に応じて、呼吸を止めて浮力を維持する
  2. 必要に応じて、小さく短い呼吸でエアー消費をおさえる
  3. 気道のコントロール、断続的で早めの呼吸する
  4. 気道のコントロール、息を止めず、深くゆっくり呼吸する

show more

D. 気道のコントロール、息を止めず、深くゆっくり呼吸する

ダイビング中の空気は、濃く粘性があり(最初は感じにくい)、器材には死腔があるので(詳細):

  • 早い呼吸疲れやすい(粘性)
  • 浅い呼吸は効率が悪く息苦しい(効率)

show less

ダイビングに適したウエットスーツとは?

  1. (着ることで)皮膚の血行増進ができる
  2. (着ることで)空気の断熱層がある
  3. (フィットすることで)スーツ内に出入りする水量を減らす
  4. (ゆるめのスーツで)スーツ内を循環する水量を増やす

show more

  1. ×(着ることで)皮膚の血行増進ができる
    暖かい生地はあるが、Cには圧倒的に劣る
  2. ×(着ることで)空気の断熱層がある
    ウエットスーツは水が入ってくる(水の出入りを抑えるのが秘訣)
    空気の断熱層(水の20倍の断熱効果)はドライスーツ
  3. (フィットすることで)スーツ内に出入りする水量を減らす
    サイズが命
  4. ×(ゆるめのスーツで)スーツ内を循環する水量を増やす
    ウエットスーツでは、水が入れ替わるとドライスーツ(空気断熱)の20倍で熱を奪われる

どちらが暖かい?…という次元の差ではないです。

もっと高次の快適性が得られるのがドライスーツです。

show less




ダイビング手順

ウエイトが適正であることの確認方法は?

  1. BCDを半分くらい膨らませ、水面が首の高さで浮く
  2. BCDを半分くらい膨らませ、水面が目の高さで浮く
  3. BCDの空気を全て抜いて、水面が首の高さで浮く
  4. BCDの空気を全て抜いて、水面が目の高さで浮く

show more

D. BCDの空気を全て抜いて、水面が目の高さで浮く

  1. つまり、その浮力は目から上の頭を持ち上げる分ある
  2. 1の浮力は、息を吐ききると重くなる分で沈める程度
  3. 2の状態は、息を吐くと沈む、息を吸うと浮く(=中性浮力)

    show less

ダイビング中に動き過ぎて疲れたら?

  1. ダイビングを続けて疲れがおさまるか様子を見る
  2. ダイビングを続けるが、バディに知らせておく
  3. ダイビングを続けるが、深度を浅めにする
  4. バディに知らせ、全ての活動を止めて休憩する

show more

  1. × ダイビングを続けて疲れがおさまるか様子を見る
    ますます息が上がる
  2. × ダイビングを続けるが、バディに知らせておく
    ますます息が上がる
  3. × ダイビングを続けるが、深度を浅めにする
    ますます息が上がる
  4. バディに知らせ、全ての活動を止めて休憩する

show less

ダイビング中に動き過ぎて息苦しくなったら?

  1. BCDを膨らませて浮力を確保する
  2. 水面まで「あー」と声を出し続けて浮上する
  3. 直ちにバディや近くのダイバーに助けを求める
  4. できるだけ何かにつかまり、活動を停止し、休憩する

show more

  1. × BCDを膨らませて浮力を確保する
    水面であれば有効だけど、水中では急浮上して危険
  2. × 水面まで「あー」と声を出し続けて泳いで浮上する
    エアー切れの対処法で「緊急スイミングアセント(CESA)
  3. 直ちにバディや近くのダイバーに助けを求める
    すぐ横にレスキューダイバーやバディが居れば伝えるが、ダイバー自身がに必要なことはD
  4. 〇 できるだけ何かにつかまり、活動を停止し、休憩する
    上の問題のバディに知らせ、全ての活動を止めて休憩すると同じこと

show less

3人以上でのダイビング中、ひとりがはぐれたら?

  1. それぞれが計画通りにダイビングを実施する
  2. 複数居る方は新たなバディとして計画通り実施し、はぐれた方は1分で浮上する
  3. 複数いる方がはぐれたダイバーと出会えるまで水中で探す
  4. 全員であらかじめ決めておいた手順で再会する

show more

D.  全員であらかじめ決めておいた手順で再会する

一般的には、「バディとはぐれた場合、水中で探すのは1分以内にして、見つからなかったら注意しながら浮上し、水面で合流する」ですが、

一般的な手順の場合も、そうでない場合も、入水前に全員で確認しておくべきです。

show less

ダイビングの予定終了時間になり予定通りの浮上では?

  1. 浮上前にはウエイトを外す
  2. 浮上中はこまめにBCDの空気を抜く
  3. 浮上中はこまめにBCDにエアーを入れる
  4. 浮上中は常に「あー」と声を出し続ける

show more

B. 浮上中はこまめにBCDの空気を抜く

浮上に伴い、スーツ、BCD等の浮力が増すので、

中性を維持するためにBCDの空気を少しずつ抜く

show less

グループやバディとはぐれない秘訣は?

  1. 水中コンパスを活用する
  2. 経験豊富なグループについていく
  3. 常にボートの右側にいるようにする
  4. メンバー、リーダーを確認し、水中でも位置を把握する

show more

  1. 水中コンパスを活用する
    方位を意識するのは効果的ですが、グループと離れることとは別
  2. × 経験豊富なグループについていく
    深さ、エアー消費、活動範囲などで、初級ダイバーが経験豊富なグループについていくのは困難でしょう
  3. × 常にボートの右側にいるようにする
    何の意味もない「まやかしの選択肢」。惑わされた人は「感(カン)」に頼る傾向かも…お気をつけて
  4. メンバー、リーダーを確認し、水中でも位置を把握する

show less

お疲れさまでした!次の章で折り返し

間違った問題はマニュアルで確認して試験に臨みましょう!

その他、何でもお気軽にお問合せ下さい。

電話-直通 090-9872-0008
電話-教室 079-282-5566

メール info@cocomo.jp

HPフォーム https://cocomo.jp/?page_id=38

Facebook  https://www.facebook.com/ccm.taro

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする