ダイビングで有効な救急法資格

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

ダイビングでの救急法資格

レスキューコース(RED)、ダイブマスターコース(プロ資格)では、救急法の資格が必要です。一緒に潜る人からすると、REDやプロと名乗るダイバーには「当然持っていて欲しい技能」ですね。

例えばPADIではEFRというのが推奨資格ですが、その他、既に一定の医療従事者の方は、その経歴の証明でEFRの受講に変えることができます(資格だけでは足りません)。

PADI RED以上のコースでは

レスキュー・ダイバー以上のコースでは、参加前、または認定時に、過去 2 年(24 ケ月)以内の CPRとファーストエイドのコース修了が必要です。

PADIの各コースごとの詳細

  • レスキュー・ダイバー・コース
    • 参加前条件:過去 2 年以内
  • ダイブマスター・コース
    • 参加前条件/認定条件:過去 2 年以内
  • AI、IDC、OWSI プログラム
    • 参加前条件/認定条件:過去 2 年以内
  • DAN酸素プロバイダー・コース
    • 参加前条件:CPR ⇒ 過去 2 年以内

(例外)緊急ケアの専門家(以下:専門資格取得者)

過去2年(24ケ月)以内に CPR/ファーストエイドを伴うケアの実施経験を有する場合は、上記条件を満たしているものとします。

提出書類

CPR/ファーストエイドを伴うケアの実施経験の証明書

  • 専門家による実施経験を証明する署名(申請者本人以外で医療機関や救急隊員の責任者など)入りの原本を提出
  • 申請者および認定インストラクターは、証明書のコピーを保管
  • 証明書の有効期限は最後に CPR/ファーストエイドを実施した日付より2年間
  • 有効期限内に他のコースで必要な場合は、提出済のコピーを申請ごとに提出
  • 有効期限を過ぎる場合は、新たな証明書を提出

専門資格とは?

  • 医師、歯科医師
  • 看護師
  • 救急救命士
  • 救急隊員(消防学校の教育訓練基準:Ⅰ課程以上の修了者)

提出書類(PDF)

現場では、不要が良いが、要技能!

世界の海をあたなの舞台に!

シェアする

フォローする

世界の海をあたなの舞台に!