ダイビングコースでの翻訳者/通訳者

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

PADIコースでの通訳者・翻訳者ガイドライン

PADIプログラム参加で、翻訳や手話通訳など(以下翻訳者等)をお願いする場合には、以下のガイドラインを参考にしてください。

  • ダイバー間のコミュニケーションで、効果的にアシストできる翻訳者等を選ぶ。
  • 手話では、ビデオ中継・通訳サービスなどオフサイトも効果的。
  • 事前に、手配方法、サービス内容、費用等を伝えておく必要がある。
  • 翻訳者等がPADI プロフェッショナルやダイバーである必要はない。
  • 主に必要な場面は、ブリーフィング、デブリーフィング、知識開発など。
  • 水中では、主にダイバーのハンドシグナルでコミュニケーションできる。
  • 水面で特別に必要がなければ、翻訳者等が水中にいる必要はない。
  • 翻訳者等が水中活動を行うには、十分な能力を必要とする。
    ※日本では潜水士資格を必要とする場合がある。
  • 水中での翻訳者等は、監督条件の人数比にカウントする。

PADI インストラクター・エグザミネーション(IE)

  • IEでの翻訳者/通訳者は、PADIオフィスの事前手配と承認を要する。
  • 翻訳者等とは翻訳守秘義務契約を書面でかわす必要がある。
  • 翻訳者等は、ダイビング用語に精通し、正確な翻訳/通訳を提供する。

運用にあたって

最新ハイテク機器(NET不要)

世界の海をあたなの舞台に!

シェアする

フォローする

世界の海をあたなの舞台に!