シェアする

ボート・ダイバー【実習】




このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

受講資格

  • 10歳
  • アドベンチャー・ダイバー(ADV)
    ※団体によって名称が異なります。

各ダイブと主な内容

2ダイブで構成されています(Dive1はAOW/ADVのBoatと同様)

このコースで、ボートダイビング計画編成実施ができるダイバーを目指します!

良い実習を!2回のボートダイビングを経験するだけではSPダイバーとしては未達です。

慣れ≒現状維持<上達

ダイブ1

★知識面は主に知識開発にて

ボート・ダイバー
ボート・ダイバー
①下記各箇所の名称は? イラスト中の、バウ、スターン、ポート、スターボード、ウインドワード、リーワードとはそれぞれどこのことか?...

バディーでエントリー

  1. 次の各用語はどの部分?
    (注:船のタイプによる)
    バウ、スターン、スターボード、ポート、エントリー・エリア、エキジット・エリア、ダイビング器材の収納場所。
  2. 緊急用/安全用設備の設置場所は?
    (注:全てがあるわけではない)
    ファーストエイド・キット、酸素、AED、救命具、ダイブフラッグ、無線、消火器など。
  3. ボートの種類に適した方法でエントリーする。
    1. ジャイアント・ストライド
    2. サイド・ロール
    3. KANAKOスペシャル
    4. バック・ロール
    5. フロント・ロール
    6. ヘッド・ファースト・エクスプレス
  4. ボート特有のナビゲーションで、エキジットエリアの近くへ戻り浮上する。
  5. 安全停止を行なう。
  6. いずれかの水面シグナルを使用する。
    1. (水面)膨張式のシグナルチューブ
    2. (水中)ディレイド・サーフェス・マーカーブイ(DSMB)
  7. ボートに適した方法でエキジットする。

ボート・ダイバーSPは:

2ダイブで構成されているので、ダイブ①では、計画・編成・実施ができるよう、次のような一通りを実習する。

ボート特有のエントリー、ラインの活用、アンカーの確認、マップの活用、ボートナビ、浮上、波や流れを想定したボート特有のエキジット

ダイブ2

参加ダイバーのレベル、使用されるボートのタイプとダイビング環境に合わせて:

  1. 潜水計画を立て、チェックリスト、情報シート、ダイブロスターなどを活用する。
    (例)ラインの設置や使用
  2. Dive1で学んだ知識や能力を活用してボートダイビングを実施する。




フォローする