アンダーウォーター・ナビゲーション




アンダーウォーター・ナビゲーション

1. 透視度が比較的よくない(2~3メートル)場所でダイビングを計画していて、バディコンタクトは維持したいと思っています。

この場合は、アンダーウォーター・ナビゲーションのスキルが役立ちます。

  • 正しい
  • 誤り

[ 解説 ]

■ 正しい

[ 解説を隠す ]

2. キックサイクルで距離を測る場合、どのタイミングでカウントしますか?

  • 両方の足がそれぞれ同じ位置に戻るたびにカウントする
  • どちらかの足が同じ位置に戻るたびにカウントする

[ 解説 ]

■ どちらかの足が同じ位置に戻るたびにカウントする

[ 解説を隠す ]

3. 時間で距離を見積もる場合、 泳ぎながら、一定の距離を泳ぐのにかかる時間を測ります。

  • 普通のペースよりややゆっくりと
  • 普通のペースでリラックスして
  • 普通のペースより速く

[ 解説 ]

■ 普通のペースでリラックスして

[ 解説を隠す ]

4. バディと私は、ダイバーに人気のエリアに係留したボートからダイビングしようとしています。

ナチュラル・ナビゲーションに役立つダイビング前の観察は次のどれですか?(あてはまるものはすべて選んでください)

  • ダイブマスターが、ボートは流れに向かって真っすぐになっていると言っている
  • いま午後3時 30 分で、太陽は西にある
  • ボートの真後ろに大きなブイが係留されている
  • ボートの魚群探知機によると、ボートの真下は水深 15 メートル

[ 解説 ]

■ ダイブマスターが、ボートは流れに向かって真っすぐになっていると言っている
■ いま午後3時 30 分で、太陽は西にある
■ ボートの真後ろに大きなブイが係留されている
■ ボートの魚群探知機によると、ボートの真下は水深 15 メートル

[ 解説を隠す ]

5. 方向を維持し、ナチュラル・ナビゲーションに役立つように潜降するには、どうすればよいですか?

  • 足を頭より高くして、片方の肩を進行方向へ向ける
  • 頭を足より高くして、片方の肩を進行方向へ向ける
  • 足を頭より高くして、進行方向を向く
  • 頭を足より高くして、進行方向を向く

[ 解説 ]

■ 頭を足より高くして、進行方向を向く

[ 解説を隠す ]

6. 自然の判断材料を使ってナビゲーションする場合、役に立つのは次のどれですか?(あてはまるものはすべて選んでください)

  • 光と影
  • 水の動き
  • 水底の地質と形状
  • 動植物

[ 解説 ]

■ 光と影
■ 水の動き
■ 水底の地質と形状
■ 動植物
■ 音

[ 解説を隠す ]

7. コンパスを使ってナビゲーションしています。

正確な方位をキープするには、自分の身体の中心線とが一直線になっている状態を維持します。

  • インデックスマーク
  • コンパスの針
  • ベゼル
  • ラバーライン

[ 解説 ]

■ ラバーライン

[ 解説を隠す ]

8. 標準的なアナログコンパスでは、 ____は常に自分の進行方向を指し、____は常に磁北を
指します。

[ 解説 ]

■ ラバーライン/コンパスの針

[ 解説を隠す ]

9. 逆方向をセットするには、元の方向からの方向へ____コンパスを回します。

  • 45 度
  • 90 度
  • 135 度
  • 180 度
  • 225 度
  • 270 度
  • 295 度
  • 360 度

[ 解説 ]

■ 180 度

[ 解説を隠す ]

10. ダイビング中、コンパスに従って泳いでいますが、自分の方向感覚では、もう少し右のほうへ行ったほうがよいのではないかと思っています。

他に情報がない場合、ベストの方法は次のどれですか?

  • コンパスを信頼する
  • もう少し右のほうへ行く

[ 解説 ]

コンパスを信頼する

[ 解説を隠す ]




ワンポイント(ナビ上達の鍵)

まずは!ナビゲーションの要素を覚えましょう!

海域の5つの要素が分かるとカナリ簡単になります!

  1. ( )
  2. ( )
  3. ( )
  4. ( )
  5. ( )

これを知らずに「慣れるだろう」というのは…

九九や四則演算を知らず算数へ挑むようなものです。

11. コンパスを効果的に使いこなすには、どうすればよいですか?

(あてはまるものはすべて選んでください)

  • 陸上で練習する
  • 流れの影響を計算に入れる
  • 障害物を迂回する
  • 中層では、自分がナビゲーションしている間、バディが深度に注意する
  • 速い速度で泳ぐ

[ 解説 ]

■ 陸上で練習する
■ 流れの影響を計算に入れる
■ 障害物を迂回する
■ 中層では、自分がナビゲーションしている間、バディが深度に注意する

[ 解説を隠す ]

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする