ドライスーツ・ダイビング




ドライスーツ・ダイビング

解説ページ

ドライスーツダイビング
ドライスーツダイビング
あまり知られてないドライの価値 ドライスーツでの浮力調整について インナー情報あり ドライスーツコース(SP)ご案...

1. ハイポサーミアは、ダイバーの身体の中心部の体温が正常____ことが原因で生じます。ハイポサーミアにならないようにするには、ダイビングの前後とダイビング中、適した____を使用します。

  • 以上に上がった/日焼け止め
  • 以上に上がった/保護スーツ
  • 以下に下がった/日焼け止め
  • 以下に下がった/保護スーツ

[ 解説 ]

■ 以下に下がった/保護スーツ

[ 解説を隠す ]

2. 軽度のハイポサーミアでも、ため、ダイバーの身の安全を脅かす問題になります。(あてはまるものはすべて選んでください)

  • 思考が妨げられる
  • 判断力が低下する
  • 関節と手足に激しい痛みが生じる
  • 体力と持久力が低下する

[ 解説 ]

■ 思考が妨げられる
■ 判断力が低下する
□ 関節と手足に激しい痛みが生じる
■ 体力と持久力が低下する

[ 解説を隠す ]

3. PADI ダイブセンターでドライスーツを試着していたら、スタッフの人が、ネックシールはぴったりフィットしているかどうか聞いてきました。ネックシールのフィット性が重要な理由とは何ですか?

  • フードが下に入るよう、緩めでなければならないから
  • かなりきつくなければならないから
  • きつ過ぎると、血流が妨げられ、頭がフラフラして気を失う危険があるから

[ 解説 ]

■ きつ過ぎると、血流が妨げられ、頭がフラフラして気を失う危険があるから

[ 解説を隠す ]

4. 暑い夏の日に、山の上にある冷たい湖でダイビングすることになりました。器材を準備しているときにに____ならないよう、ドライスーツは____に着ます。

  • オーバーヒート/最後
  • ハイポサーミア/最後
  • オーバーヒート/最初
  • ハイポサーミア/最初

[ 解説 ]

■ オーバーヒート/最後

[ 解説を隠す ]

5. 浮力コントロールについて、正しいものを線で結んでください。

[ 解説 ]

[ 解説を隠す ]

6. スーツを着たら、エントリーしたときにスーツの首回りがように、余分な空気をなりません。

  • スクイズしない/入れなければ
  • 膨らまない/入れなければ
  • スクイズしない/抜かなければ
  • 膨らまない/抜かなければ

[ 解説 ]

■ 膨らまない/抜かなければ

[ 解説を隠す ]

7. ドライスーツのバルブを正しくセットすれば、浮上中でも、手動で気体を排出する必要はまったくありません。

  • 正しい
  • 誤り

[ 解説 ]

■ 誤り

[ 解説を隠す ]

8. ドライスーツの足の部分に気体が溜まってしまい、足から先に浮き始めてしまった場合の対処法は次のどれですか?

  • 素早くボールのように身体を丸め、右側が下になるように回転しながら気体を排出する
  • できるだけ強くキックして水底向かって泳ぎ、岩など生物ではないものをつかむ
  • BCD を膨らませて身体を起こし、ネックシールから気体を排出する
  • ウエイトポケット/ベルトを外して足首のところにあてる

[ 解説 ]

■ 素早くボールのように身体を丸め、右側が下になるように回転しながら気体を排出する

[ 解説を隠す ]

9. ダイビング中、間違ってウエイト・システムを落としてしまった場合には、どうすればよいですか?(あてはまるものはすべて選んでください)

  • スーツ/ BCD からできるだけ気体を抜いて浮上をコントロールする
  • 両手両足を大きく広げて水の抵抗を増やし、可能であれば、潜降/浮上ラインをつかむ
  • 浮上しながら、ドライスーツのエキゾーストバルブか手首や首のシールから気体を排出し続ける
  • 浮上中、絶対に息を止めないように注意しながら、通常通り呼吸する

[ 解説 ]

■ スーツ/ BCD からできるだけ気体を抜いて浮上をコントロールする
■ 両手両足を大きく広げて水の抵抗を増やし、可能であれば、潜降/浮上ラインをつかむ
■ 浮上しながら、ドライスーツのエキゾーストバルブか手首や首のシールから気体を排出し続ける
■ 浮上中、絶対に息を止めないように注意しながら、通常通り呼吸する

[ 解説を隠す ]

10. ダイビング中、バディが私のところへ来て、ネックシールを指さしています。見ると、シールが裂けていて、泡が勢いよく吹き出ています。バディが「寒い」とサインを送っています。どうすればよいですか?

  • バディにバックアップ空気源を差し出す
  • ただちにダイビングを中止して、バディと一緒にコントロールされた浮上をする
  • バディのウエイトを落として、できるだけ急いで水面に出るよう合図する
  • ネックシールの裂けた個所を押さえて、エキジット・ポイントへ向かってゆっくり泳ぐ

[ 解説 ]

■ ただちにダイビングを中止して、バディと一緒にコントロールされた浮上をする

[ 解説を隠す ]




解説編

ドライスーツダイビング
ドライスーツダイビング
あまり知られてないドライの価値 ドライスーツでの浮力調整について インナー情報あり ドライスーツコース(SP)ご案...
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする