魚の見分け方(フィッシュID)




魚の見分け方(フィッシュID)

1. 世界にはどのくらいの数の魚種が存在していると推定されていますか?

  • 100,000 近く
  • 50,000
  • 21,000 以上
  • 4,000 以下

[ 解説 ]

□ 100,000 近く
□ 50,000
■ 21,000 以上
□ 4,000 以下

[ 解説を隠す ]

2. 魚を見分ける簡単な方法は次のどれですか?

  • 何科の魚か見分ける手掛かりになる共通の特徴に焦点を当てる
  • 必ず写真を数枚撮って後で識別する
  • 防水の魚図鑑カードをフルセット持ってダイビングする
  • 名前を調べたい魚がいた深度と場所をメモする

[ 解説 ]

■ 何科の魚か見分ける手掛かりになる共通の特徴に焦点を当てる
□ 必ず写真を数枚撮って後で識別する
□ 防水の魚図鑑カードをフルセット持ってダイビングする
□ 名前を調べたい魚がいた深度と場所をメモする

[ 解説を隠す ]

3. 水深 20 メートルにあるサンゴ礁に潜る計画を立てています。

できる限り多くの種類の魚を見ることが目的です。それには、次のどれがベストの方法ですか?

  • できる限り速く泳ぎ回る
  • リーフの上にホバリングして、魚が来るのを待つ
  • 中性浮力をとり、動かずに身体の力を抜いて、リーフの周辺を静かに泳ぎ回る

[ 解説 ]

□ できる限り速く泳ぎ回る
□ リーフの上にホバリングして、魚が来るのを待つ
■ 中性浮力をとり、動かずに身体の力を抜いて、リーフの周辺を静かに泳ぎ回る

[ 解説を隠す ]

4. 熱帯または温帯地域で一般に使われる魚のグループ分けは次のどれですか?

(あてはまるものはすべて選んでください)

  • チョウチョウウオ、キンチャクダイ、ニザダイ
  • ブダイ、ベラ
  • ハタ、スズキ、ハナダイ
  • ダルマカレイ、カサゴ、エソ、カエルアンコウ
  • カワハギ、モンガラカワハギ、フグ、ハコフグ、ウミスズメ、ヒメジ、ヤガラ、ドラム
  • ヘビ
  • サメ、エイ

[ 解説 ]

■ チョウチョウウオ、キンチャクダイ、ニザダイ
■ ブダイ、ベラ
■ ハタ、スズキ、ハナダイ
■ ダルマカレイ、カサゴ、エソ、カエルアンコウ
■ カワハギ、モンガラカワハギ、フグ、ハコフグ、ウミスズメ、ヒメジ、ヤガラ、ドラム
□ ヘビ
■ サメ、エイ

[ 解説を隠す ]

5. 何科の魚か見分けるのに役立つ特徴は次のどれですか?

(あてはまるものはすべて選んでください)

  • 大きさ
  • 体形
  • ヒレの形状
  • 生息場所と行動

[ 解説 ]

■ 大きさ
■ 色
■ 体形
■ ヒレの形状
■ 生息場所と行動

[ 解説を隠す ]

6. 箱型の体形をしていて、小さなツノのような付属器官が頭の上のところから2本突き出ている魚を見ました。この魚は次のどれですか?

  • モンガラカワハギ
  • ウミスズメ
  • ヒメジ
  • フグ

[ 解説 ]

□ モンガラカワハギ
■ ウミスズメ
□ ヒメジ
□ フグ

[ 解説を隠す ]

7. 砂地から2つの目を突き出している平らな魚を見ました。この魚は次のどれですか?

  • トビエイ
  • アゴアマダイ
  • ハタ
  • ダルマカレイ

[ 解説 ]

□ トビエイ
□ アゴアマダイ
□ ハタ
■ ダルマカレイ

[ 解説を隠す ]

8. ロービング・ダイバー調査方法とは、厳密なサーチパターンに沿って泳ぎ、計画したルート上で目の前に現れた魚のみを識別する方法です。

  • 正しい
  • 誤り

[ 解説 ]

■ 誤り

[ 解説を隠す ]

9. 知らない魚を見たので、スレートにスケッチしました。

水から上がってから調べるには、どうすればよいですか?

(あてはまるものはすべて選んでください)

  • インストラクターや地元のダイバーに聞く
  • 魚図鑑を見る
  • スケッチを魚図鑑スレートと比べてみる
  • 未知の種だと仮定する

[ 解説 ]

■ インストラクターや地元のダイバーに聞く
■ 魚図鑑を見る
■ スケッチを魚図鑑スレートと比べてみる
□ 未知の種だと仮定する

[ 解説を隠す ]

10. ダイバーとスノーケラーが水中世界の親善大使とされているのは、よく潜るダイビング・ポイントが経年的にどのように変化しているかを直に見ていて、概して:

(あてはまるものはすべて選んでください)

  • 水中公園や保護区の設立をサポートするから
  • 危機に瀕している種や生息場所を保護するための法律や規制をサポートするから
  • 海洋ゴミを拾い、水中とビーチのクリーンアップに参加するから
  • 水中世界という彼らが大好きなものを大切に思っているから

[ 解説 ]

■ 水中公園や保護区の設立をサポートするから
■ 危機に瀕している種や生息場所を保護するための法律や規制をサポートするから
■ 海洋ゴミを拾い、水中とビーチのクリーンアップに参加するから
■ 水中世界という彼らが大好きなものを大切に思っているから

[ 解説を隠す ]

11. Project AWARE の使命は、水域環境に影響を及ぼす環境問題についてダイバーや市民を教育し、水域環境を守り、維持する運動に結集させることです。

  • 正しい
  • 誤り

[ 解説 ]

■ 正しい

[ 解説を隠す ]




ダイバーなら持っておきたい!

海の図鑑はいくつか持っておきたいですね!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする