ディープ・ダイビング




ディープ・ダイビング

1. 自分に適したディープ・ダイビングの深度限界を決めるときに考慮すべき要素は次のどれですか?(あてはまるものはすべて選んでください)

  • 環境のコンディション
  • 自分の身体と精神の状態
  • ノンストップ・リミットに対する前のダイブからの影響
  • 緊急医療施設からの距離や時間
  • バディのトレーニングの範囲と経験

[ 解説 ]

■ 環境のコンディション
■ 自分の身体と精神の状態
■ ノンストップ・リミットに対する前のダイブからの影響
■ 緊急医療施設からの距離や時間
■ バディのトレーニングの範囲と経験

[ 解説を隠す ]

2. 今は夏で、近場のダイビング・エリアで何日かダイビングしていて、最大深度 12 メートルまで潜りました。今日、バディと私は深度 30 メートルまで潜ろうと思っています。次のうち、正しいものはどれですか?

  • 保護スーツが適切ではないかもしれない
  • シリンダーのサイズは大きな問題ではない
  • 必要な器材はバディと自分で分担できる
  • バランスド・ファーストステージ・レギュレーターを使うことにメリットはあまりない

[ 解説 ]

■ 保護スーツが適切ではないかもしれない

[ 解説を隠す ]

3. ディープ・ダイビングに推奨される専用器材は次のどれですか?(あてはまるものはすべて選んでください)

  • 予備のガス
  • アンクルウエイト
  • 水中ライト
  • コンパス

[ 解説 ]

■ 予備のガス
□ アンクルウエイト
■ 水中ライト
□ コンパス

[ 解説を隠す ]

4. 深場へ潜降するときに推奨される姿勢は次のどれですか?

  • 頭を足より高くした姿勢
  • 足を頭より高くした姿勢
  • 姿勢はあまり関係ない

[ 解説 ]

■ 頭を足より高くした姿勢

[ 解説を隠す ]

5. バディと一緒に深場から浮上しています。適切な速度で浮上するには:(あてはまるものはすべて選んでください)

  • ラインや水底の地形に沿って浮上する
  • 1メートルごとにダイブ・コンピューターをチェックする
  • BCD をこまめに調整して浮力コントロールを維持する
  • 深場でウエイトを減らす

[ 解説 ]

■ ラインや水底の地形に沿って浮上する
■ 1メートルごとにダイブ・コンピューターをチェックする
■ BCD をこまめに調整して浮力コントロールを維持する
□ 深場でウエイトを減らす

[ 解説を隠す ]

6. ディープ・ダイビングで方向がわからなくなってしまい、視標がない場所で水面に出なければなりません。そのためのステップは次のどれですか?(あてはまるものはすべて選んでください)

  • バディと背中合わせに浮上する
  • ダイブ・コンピューターを使って正しい浮上速度を測定する
  • 浮力をこまめに調整する
  • 安全停止を省く

[ 解説 ]

□ バディと背中合わせに浮上する
■ ダイブ・コンピューターを使って正しい浮上速度を測定する
■ 浮力をこまめに調整する
□ 安全停止を省く

[ 解説を隠す ]

7. ディープ・ダイビングで、エアが少ない、またはエア切れの緊急事態が起きないようにする一番の方法は、潜水時間を 30 分間に制限するという方法です。

  • 正しい
  • 誤り

[ 解説 ]

■ 誤り

[ 解説を隠す ]

8. バディと私はボート・ダイビングでの浮上の際に安全停止をしているところです。海は穏やかですが、流れがあるので、係留ラインにつかまっています。深度5メートルのところが____のあたりになるようにし、____分間以上そこにとどまっているのが理想的な形です。

  • 顔/3
  • 顔/5
  • 胸/3
  • 胸/5
  • ウエスト/3
  • ウエスト/5

[ 解説 ]

■ 胸/3

[ 解説を隠す ]

9. バディと私は深度 33 メートルのところにいます。酔ったような感じがして、ダイブ・コンピューターの数字を読もうとしたら、集中できないことに気が付きました。この症状を和らげるにはどうすればよいですか?

  • ゆっくりと深く呼吸する
  • バディのバックアップ空気源に切り換える
  • すぐに水面に出て、酸素を吸い、救急隊に連絡する
  • 症状/徴候が解消するまで浅い深度へ浮上する

[ 解説 ]

■ 症状/徴候が解消するまで浅い深度へ浮上する

[ 解説を隠す ]

10. 減圧症の症状または徴候を選んでください。

■ 腕、足、または胴体の痛み
■ ふらつき
□ 不適切な笑い
■ マヒ
□ 動きすぎ
■ 皮膚のかゆみ
■ ふらふらする/目まい
■ 咳き込む
□ 真っ赤な唇

[ 解説 ]

■ 腕、足、または胴体の痛み
■ ふらつき
□ 不適切な笑い
■ マヒ
□ 動きすぎ
■ 皮膚のかゆみ
■ ふらふらする/目まい
■ 咳き込む
□ 真っ赤な唇

[ 解説を隠す ]




ワンポイント:RDPでの各深度での限界は?

だいたいの目安は知っておきましょう!

  • 18mの限界は

    [ 解説 ]

    56分

    [ 解説を隠す ]

  • 20mの限界は

    [ 解説 ]

    45分

    [ 解説を隠す ]

  • 22mの限界は

    [ 解説 ]

    37分

    [ 解説を隠す ]

  • 25mの限界は

    [ 解説 ]

    29分

    [ 解説を隠す ]

  • 30mの限界は

    [ 解説 ]

    20分

    [ 解説を隠す ]

  • 40mの限界は

    [ 解説 ]

    9分

    [ 解説を隠す ]

深度を途中で変える(マルチレベル)のプランニングはコチラ

マルチレベルダイビング(DCの活用)
マルチレベルダイビング(DCの活用)
こんにちは!ココモの唐沢です。 PADIへ籍を置いた理由の一つはこの「マルチレベル」というプランニングの存在でした。 マルチ・レベル...

11. ダイバーが減圧障害になる一番の理由は何ですか?

  • ダイブ・コンピューターの誤作動
  • 残留窒素
  • ダイバーのミス
  • 器材の故障

[ 解説 ]

■ ダイバーのミス

[ 解説を隠す ]

12. 減圧症になるリスクを減らしたい責任あるダイバーとして、バディと私は:(あてはまるものはすべて選んでください)

  • ダイブ・コンピューターが許す速度以下で浮上する
  • ダイブ・コンピューターとテーブル(RDP、eRDPMLTM)を正確に使う
  • 十分に余裕を持ってノンストップ・リミット内にとどまる
  • すべてのダイブで終了時に安全停止をする
  • DCS になりやすい素因を避ける/考慮に入れる

[ 解説 ]

■ ダイブ・コンピューターが許す速度以下で浮上する
■ ダイブ・コンピューターとテーブル(RDP、eRDPMLTM)を正確に使う
■ 十分に余裕を持ってノンストップ・リミット内にとどまる
■ すべてのダイブで終了時に安全停止をする
■ DCS になりやすい素因を避ける/考慮に入れる

[ 解説を隠す ]

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする