シェアする

大きさの恒常性とは?(認知心理学)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

海底でのバディ…あなたには大きく見えてますか?

バディがマニュアル通り大きく見えてたら…

150cmの人が何と2mくらいに!

水中での光と見え方
水中での光と見え方
ダイバーにとっての水中での「光」ってどれくらい?どういう効果がある? 水中環境を不思議に感じさせてくれる効果などについて。ナビゲーショ...

多くの方はそんなことはないです

マニュアルで習ったようには大きく見えてない

浮力を調整しての3D移動や、地形をたどる海中散歩では、物が大きく見えたり、そう見えなかったり、合わせて距離感深さの感じ方も変わる様々な知覚が入れ混じることで、ホバーリングナビゲーションが思うようにできなかったりする。

水中の錨はどう見える?

色の恒常性と同様に「知ってる錨」はやはりその大きさで認識し、普段使わないボートの「知らない錨」は物理現象通り( )見える

SHOW MORE

大きく

更に近くに見える

show less

水中で見た錨を、船にエキジットしてからみると妙に小さく感じられる。単に大きさだけでなく、距離の認識も相まって感覚が狂うというのを次の絵で確認してみよう。

二人のダイバーに違和感は…

立体的に認識することで、双方の大きさに然程違和感は感じないのではないでしょうか。

ところが双方を横に並べてみるとその大きさの違いに違和感を感じる人が多い。

SHOW MORE

水中でも周囲の影響で物の見え方は大きく変わる。

show less

例えば、遠くの車は小さく見えるけれど、目の前のミニカーが遠くの実車に見えないのは、それぞれを見分けられたり知っているから。

しかし、上のダイバー二人を見た人は周りの線のせい勝手に前後の位置関係を認識して大きさを認識したから、横に並べると大きさの違いに違和感を覚える。

視覚の自動調整機能

距離が変わって物の大きさが違って見えても、人は視覚を自動的に調整して大きさを推測している。

物の大きさを知っている場合、他のものや環境の影響を受け大きさが違って見えているのに大きさを一定だと認識する。

これを( )という。

SHOW MORE

大きさの恒常性

show less

遠近法で騙される視覚

ドーム型に見える凹みは、遠近法とアナモルフォーシスを用いて天井の平面に描かれたトロンプ・ルイユ(騙し絵)。

ChurchAndrea Pozzoによる教会(オリンピコ劇場Jesuit Church, オーストリア、ウィーン)の天井画

時には海中の自然の地形がダイバーを騙しているかのようになることがある。

アナモルフォーシス

SHOW MORE

(anamorphosis)歪像 (わいぞう) 、または歪像を表現する美術の描法。

対象の高さ・幅などの割合を異常に引き伸ばした像や、凸面鏡・凹面鏡に映った像のようにゆがめられた映像で表現する。アナモルフォーズ。

show less

器材の影響では

レンズの周りが透明なマスク遮光マスクでというだけでも地形の見え方が変わり認識の変化は起こる。

「視界が広い」とされるマスクにも、両眼で見える範囲が広くても左右それぞれの視界は狭く両眼で見てこそ広いものもあり、その見え方で立体感など物の見え方は変わる。

透明度という影響でも距離の認識が変わる

視覚の逆転って何ですか?
視覚の逆転って何ですか?
こんにちは!ココモの唐土です。 今回は水中での「見える感覚(視覚)」についてです。ナビゲーションに大きくかかわる情報です。 誰で...

水中でナビを成功させるには

記憶と感覚でのナビゲーションでは、変化する認識によって正確さを維持するのが難しい

自然の変化に富む海中を楽しむには、やはり5つの要素をはじめ、ナビの知識とテクニックは高めておきたい。

「情報でできるナビゲーション」「回数を重ね記憶情報をたどる」のは似て非なるもの。ダイバーとしては是非、水中ナビゲーションの技術をキチンと身につけておきましょう!

 立体視と大きさの恒常性 NHK 放送科学基礎研究所 安田稔 氏(テレビジョン学会誌)

スポンサーリンク







シェアする

フォローする