缶ビールを振っても泡を出さず開栓します(サイレントバブル)

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

こんにちは!ココモの唐土です。

AAABBB

クリックで拡大します

風邪に例えると

  • AA 体力維持と節度ある生活習慣
  • AB 体力は不安だけど節度ある生活習慣
  • BA とにかく不摂生だけど身体は丈夫
  • BB 身体が弱いけれど周囲に流される

ベテランダイバーがたまたまBAだとして、もし貴方がBBだった場合は…”(-“”-)”

BB:多くのダイバーはインストラクターと潜っていると大丈夫だと思っています。しかしインストラクターや長くづづけてるダイバーはそもそもAABAである可能性があります。

サイレントバブルとは?[3]PADIエンサイクロペディア

ドプラー超音波気泡検知器[4]ドプラー超音波フローメーターからの音波が気泡に反射して発する音「チクチク」、「チュンチュン」で、血流中の気泡を知ることができる。で、減圧症の症状のないダイバーの血流中小さな気泡があることが明らかになりました。

この「減圧症の徴候や症状を生じないほど小さい気泡」のことを「サイレントバブル(= 静気泡)」といいます。

つまり、減圧症の症状が出ていなくても「どのダイバーにも気泡はできている」ということです。

そして、減圧中(= 浮上中)、それ以下では気泡が形成されない、それ以上では気泡が形成されるというような「特別な過飽和の限界」存在しないけれども、次の条件に応じたスピードで気泡が成長するため、減圧モデルを使った計画潜水で気泡の成長をコントロールするべきだということです。

  • 過飽和の程度
  • ダイビングの時間と深さ(圧力)
  • 微小核(= ガスシード)の数
  • 浮上速度 など
微小核(ガス・シード)[5]マイクロヌルレイとも名づけられている

次のように気泡が形成されると言われています。[6]PADIエンサイクロペディア

  1. 液体が動くと渦ができる
  2. 圧力の低いエリアから微小核が作り出される
  3. 筋肉が動くことでマイナスの圧力から微小核[7]= ガス・シード、=マイクロヌクレイが作られる
  4. 激しい運動がガス微小核を形成させる
  5. 浮上(減圧)段階で微小核をきっかけとして気泡を形成する

練習問題を解いてみましょう

体内で気泡ができる仕組みを想像しながら解いてみましょう。

サイレントバブルとは

減圧症の( A  )を生じさせるこのとのない( B )のことをいい、これは( C )超音波気泡検知器によって、静脈と肺の中に存在していることを見ることができます。

  1.  ガス・シード
  2.  気泡
  3.  症状や徴候
  4.  ヘンリー
  5.  ダルトン
  6.  ドプラー
  7.  ボイル
  8.  シャルル
  9.  アルキメデス

[詳細]

解答

サイレントバルブとは、減圧症の( c. 徴候や症状 )を生じさせるこのとのない( b. 気泡 )のことをいい、これは( f. ドプラー )超音波気泡検知器によって、静脈と肺の中に存在していることを見ることができます。

詳細を隠す

注釈   [ + ]

1, 3, 6. PADIエンサイクロペディア
2, 5. マイクロヌルレイとも名づけられている
4. ドプラー超音波フローメーターからの音波が気泡に反射して発する音「チクチク」、「チュンチュン」で、血流中の気泡を知ることができる。
7. = ガス・シード、=マイクロヌクレイ
世界の海をあたなの舞台に!

シェアする

フォローする

世界の海をあたなの舞台に!