シェアする

極★浮力(ザ・時間差)




このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

ダイバー(この記事を書いている)9月といえば、ダイバーの間では海のベストシーズンと言われる季節です!

  • 透明度良く、魚影濃く、海は安定し、過ごしやすい気候!
  • 現地での食事も美味しい食欲の秋!

今回はそんなダイビングシーンで、決定的にカッコ良くなれる「浮力コントロール」についてです。

あなたの「海力」をとことん引き出す情報として「極★浮力(スライド版)」をお届けします。

左下のコントロールでいつでも停止、送り、戻りが可能です。

マニュアル・プレゼント!

今回は浮力と呼吸の関係について書いただけです。

コントロールには更に、「バランス」「姿勢」「〇〇」が必須項目です。

それについてはまたの機会に…

多くの人は

「ダイビングライセンス」や、「アドバンス」、「SP」名称や認定証が同じだけに、認定されれば仕上りが同じだと思われてる方がおられます…”(-“”-)”

日用雑貨等をコンビニチェーンで買うのに慣らされた様に…

どのコースも、どの指導者も、どの器材(特性や使いこなしメンテ等も)も、そう違わないと思われてる方がおられます。

体を動かす系って??

「身体を動かす系」も雑貨や食料品と同じでしょうか?

どこでも買えるシューズやラケットだけで、上達を望めるか…答えはNo!

上達や楽しさは、技術 × 情報 × 指導次第!

錦織圭レベルでもマイケルチャンが必要でしたね。

イメージは・・・

治療では医師、建築では設計士、困り事では法律職次第…

  • より、ダイナミックなダイビングを楽しめるには!
  • より、スマートテクニックで手際よくできるには!
  • より、難易度の高い海へも余裕で挑めるには!
  • より、写真撮影探索に余力を向けられるには!
  • そして、イザという時安全も確保できるのは…

何かの〇〇コースを二度受講されるかたはほぼ居ません。一度目が今後の刷り込みになります。

新分野へチャレンジされる場合

指導者と内容、仕上がりを検討して選択しましょう!治療の様に!


マニュアル・プレゼント!あなたのレベルアップ支援となるココモ的切り口の海マニュアルをお届けしています。

ご質問、「こんなテーマも知りたい」というご要望をお待ちしております。お気軽にお寄せ下さいませ。

もしこのページをお読みの方で、正式登録(無料)がまだの方は是非右のアイコンからご登録ください。




フォローする