シェアする

ディープ・ダイビング【実習】




このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

受講資格

  • 15歳(AOWやADVでのディープは12才で参加可)
  • アドベンチャー・ダイバー(ADV)
    ※団体によって名称が異なります。

よくある誤解

  • アドバンス(AOW)を取得してなくても可能です。

各ダイブと主な内容

4ダイブで構成されています(Dive1はAOW/ADVのDeepと同様)

このコースで、ディープダイビング計画編成実施ができるダイバーを目指します!

良い実習を!4回ディープダイビングを経験するだけではSPダイバーとしては未達です。

ダイブ1

推奨水深:24~30m(最大30m)※

  1. バディと潜水の計画と管理を行う。
    1. ターン/浮上開始の残圧(プレッシャー)
    2. ノンストップ(無減圧)潜水時間
    3. マルチレベル・ダイブ(経験者)
  2. ライン、ウォール(壁)、傾斜した水底等を用いて潜降する。
  3. 陸上と深度下で、色の変化を比較する。
  4. DCで他のダイバーの深度計と比較する。
  5. DCで速度を守り浮上する。
  6. 安全停止を行う。
エアーマネージメント(残圧管理)
エアーマネージメント(残圧管理)
こんにちは!ココモの唐土です。 エアーマネージメント・・・ダイビングの経験を積むにつれ自然と感覚で身に付くものですが・・・ プロ...

ダイブ2

推奨水深:18~24m※

  1. 目標ラインを視覚ガイドとしてのみ使用し、自由潜降。
    1. 着地点のズレ、潜降速度の加速等を、目標ライン活用により予防。
    2. ライン、フロート、ブイ、ウエイト等の設置。
    3. ディープライン設置は、ラインを降ろしていき、水底の構成やダイバーの存在を考慮し、特に慎重にゆっくり降ろす。
    4. 水深5mに安全停止の用意をする。
  2. 圧力に敏感な3つの物体に生じる変化を説明し、記録する。
    1. 陸上と水中での違いについて確認する
    2. i.を行うに必要な浮力調整の準備
    3. 小さ目のメッシュバック等の活用
  3. 目標ライン、アンカー等で往復コンパス・ナビゲーションをする。
    1. 時間制限があるのでリハーサル、イレギュラーな場合の打合せをする。
  4. 目標ラインを視覚ガイドとしてのみ使用して浮上
    1. それぞれDCに合わせて浮上する(DCにより浮上指示が異なる)
  5. 浮上速度を守り浮上する(あらかじめ浮上時間を見積もる)
  6. ダイブ終了時に、目標ラインにつかまらず安全停止をする。
ホバーリングあれこれ
完璧なホバー!ココモでは!完璧なホバーリングを身につけるまでサポートできます!ツアーでのホバーあれこれ★【ホバー関連記事】ホバーリングへのステップホバーリングへのステップは次の2段階です。シンプルです。といっても次のステップは・・・ 初めて

ダイブ3

推奨水深:30~40m※

  1. 触角ガイドとして目標ラインを使用し潜降する。
  2. 水中での色の変化を説明し、記録する。
    1. 陸上で色(ウェットスーツの色見本等)を観察し、ダイビングにどう影響するか考察する(ナビゲーション、バディの見え方、水中撮影への影響)
    2. ライトで照らしイメージとライトでの色を確認する。
  3. 触角ガイドとして目標ラインを使用し浮上する。
  4. DC等を用い、浮上速度を守る。
  5. 浮上時に、水深5mで8分間の緊急減圧停止のシュミレーションを行う。
    1. 緊急用呼吸器材から1分間以上呼吸する
    2. 設置についてい、使用について、使用後についてを事前確認する

ダイブ4

推奨水深:30~40m※

  1. なだらかな水底やウォールを目標物として潜降する。
    (目標深度及び地点まで、バディ同士で互いの位置を確認し潜降)
  2. 水中ツアーを実施する。
    ダイブNo1~No3までに修得したディープ・スキルを活用する。
  3. なだらかな水底やウォールを目標に浮上する。
  4. DC等を活用し、浮上速度を守り浮上する。
  5. ダイブ終了時に、バディで安全停止を行なう。

補足

  • DC=ダイブコンピューター(水深計とタイマー等でも可)
  • ※実施深度は、ダイバーレベル、海況等により浅い場合もある。
TUSA ダイビングコンピューター DC Solar LINK [IQ1204]
待望のBluetooth搭載最新ダイビングコンピュータのご紹介<<<<<<<<<<操作編>>>>>>>>>>TUSA ダ




フォローする