汎用性が高いダイビング・インストラクター・コースとは?




ダイビングインストラクターの資格を取得すると、単に楽しみやダイビング技術の向上だけでなく、多くの関連分野を網羅的に学ぶことができます。

まず、指導者としての能力を身につけるられます。ダイビングインストラクターは、安全にダイビングを楽しめるように指導する役割を持っています。このためには、コミュニケーション能力や指導技術、カスタマーサービスに関する知識を高められます。また、リーダーの育て方やコーチングのスキルも身につけられます。他のインストラクターやダイバーに対して、適切なフィードバックを与えたり、彼らのスキルを向上させるための指導を行う経験も積めます。

さらに、マーケティングや企画の立案と行程管理も実践的に身につけるスキルも習得できます。ダイビングインストラクターは、スクーバダイビングに関連する様々なプログラムやイベントを企画し、実施します。ダイビングを通して、マーケティングや企画の立案、行程管理のスキルが楽しく身につけられます。また、緊急対応についても学びます。例えば、ダイビング中にトラブルが発生した場合には、適切な対処法を知ができるようなトレーニングやシュミレーションも経験します。

ストアの運営方法についても学ぶことができます。インストラクターコースでは、ダイビングストアで各種ワークショップを行います。また、ダイビング指導の実習を通して、ストアの運営に関する知識を身につけられます。

気象や海況、自然環境、生理、物理、(主に潜水の)機械などの知識も身につけることができます。ダイビングインストラクターは、科学的な知識でダイビングを理解していきます。例えば、水圧や気圧の影響、海洋生物の生態、潜水器材の性能などです。

更に、自然保護活動についても学ぶことができます。ダイビングインストラクターは、海洋環境を守るための活動に積極的に参加する人が多いです。例えば、海洋ごみの清掃活動や、サンゴ礁の保護活動などがあります。

ダイビングインストラクターは、ダイバーたちに海洋環境の大切さを伝えることができます。そのために、海洋環境に興味を持ち日々知識を広げています。例えば、海洋生態系や海洋汚染、サンゴ礁の保護などについてです。

また、身体的な側面も重要です。ダイビングは身体的にはそう負担がかかるスポーツではありませんが、プロになるには一定の体力や持久力が必要になります。ダイビングインストラクターは、より優れた指導を提供できるように、自身が体力的に強くなり、持久力を身につけることに気を配る大切さを知ります。

ダイビングインストラクターは、他にも更に多岐にわたるスキルを網羅的に学ぶことができます。これらのスキルは、ダイビングに関する業務だけでなく、ビジネスやリーダーシップなどの分野でも応用することができます。ダイビングインストラクターになることは、単にダイビングの技術だけでなく、様々な分野のスキルを身につけることができる、魅力的なキャリアの一つです。

但し、そういったことが網羅的に習えるダイビングスクールで習いましょう。会社の運営とは別に、ダイビング現場を主な業務とする新人スタッフが運営しているスクールでは困難でしょう。

ダイビングインストラクターになるなら
↓↓↓

ダイビングスクールココモ 姫路 – 地域最大。店内プール・無料駐車場完備。 – 地域No1規模・店内温水プール完備・最高ランク・ダイバー認定数地域No1&最多企画数

ダイビングから様々派生した事例
↓↓↓

オフィス・ココモ|プール&ダイビング/法務/起業/投資(不動産&金融)
投資事業(不動産・金融)・ビジネス支援・ダイビングスクール・ダイビングショップ・プール事業行政書士ココモ法務事務所 事業支援(起業/販路開拓/IT利活用/人材育成/法務) ファイナンシャル・プランナー(FP)、金融投資支援 無料学
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする