レック(沈船)ダイビング

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

レックの魅力は…

好奇心や冒険心、経緯や歴史、人工漁礁と化した豊富な水中生物、神秘的水中写真など!

訪れるダイバーをワクワクさせてくれます。

世界の海をあたなの舞台に!

レックをスクーターで探索

①レックから物を持ち帰ってはいけない理由は?

[詳細]

  1. 小さくても、少しでも、皆が持ち帰ると魅力が失われるから。
  2. 考古学の調査対象の場合、歴史上の価値が失われるから。

詳細を隠す

②計画前に、法律や規則を調べる理由は?

[詳細]

何百年も昔から各国の法律や国際法規で沈船に関する規定が存在しており、許認可が必要な場合があるから。

(補足)船からの引上げ物の所有権を判断したり、歴史的価値を守るための法律が存在します。

詳細を隠す

③レック特有の危険性とその予防法は?

[詳細]

  1. 鋭利な物体、釣り針:
    • グローブやスーツ、プロテクターなどで保護する
    • 中性浮力を維持する
  2. 水中拘束:
    • 釣り糸、ロープ、漁網などがある場所に近づかない
    • 水中で使えるセレーション(のこ刃)付ナイフやハサミを携帯する。
  3. 水中生物:
    • レックには魚が多く、刺す、噛むなどの生物には触れたり近づいたりしない。
    • グローブやスーツ、プロテクターなどで保護する。
  4. 不安定な構造物:
    • 腐蝕により、壁や天井崩れないか確認する。
    • もろくなっている、崩れそうだという場所には近づかない。
  5. サージ・ポケットや吸い込み(例-下記動画)
    • ウネリや水流などの水の動きが、船体などの影響を受け強くなる。
    • ドアやハッチ周辺など歪な場所ではサクション(吸いこみ)が生じる。
    • エアーや浮遊物で水の動きを判別し、近寄らない。
    • サージ【surge】の意味 = うねり。波動。高まり。

      詳細を隠す

④水深18m以深での潜水計画と準備すべき器材や手順とは?

⑤熟知していないレックでの事前説明のメリットは?

[詳細]

レックにより次のものが異なる

  • ダイビングスタイル(潜り方)
  • 危険性
  • 楽しみ方
  • 見どころ

詳細を隠す

⑥レックのペネトレーション[2]上部がふさがれたところへの進入ダイビングの危険性と必要性とは?

[詳細]

レック以外の一般的なダイビングテクニックではカバーされていない危険が存在し、それらを避けるテクニックなどが必要とされる。

詳細を隠す

また、必要なトレーニングと器材とは?

[詳細]

  • 景色では方向が分かりにルートを誤りやすい
  • コンパスがききにくく方角を見失う
  • 上部が塞がれているので水面へ直接浮上できない
  • 通路が狭いことで身体が挟まる
  • 落下物によるケガや高速
  • 泥の巻き上げによる視界不良 など

詳細を隠す

⑦レック・ダイブを行うにあたって調べておくべきことは?

[詳細]

1. 考えられる危険性
2. 見所
3. 全般的な状態

詳細を隠す

⑧レックダイブでのナビゲーション方法とは?

[詳細]

  • レックに沿うなど手掛かりにする
  • レックや地形などの形状や特徴を視標にする
  • ロープなどベース・ラインを使用する

詳細を隠す

注釈   [ + ]

1, 2. 上部がふさがれたところへの進入
世界の海をあたなの舞台に!

シェアする

フォローする

世界の海をあたなの舞台に!