シェアする

肺活量は自信あります!(肺の傷害)




このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

こんにちは!ココモの唐沢です。

潜降、浮上、エントリー、エキジット・・・One Dive、Two Diveと言い、経験本数は〇本・・・

ダイビングには英語と日本語、いろんな呼び名が混在してて複雑ですね…そこで普段は使わない緊急事態に関するもの(その時は必要かも!)を今一度確認しておきましょう。

肺の過膨張障害

ダイビングで最も大事なルール、黄金ルールともいわれる「息を止めてはいけない」と、それに類する行為、状態、そして従わなかった場合を改めて整理しておきましょう。

主な原因

  1. 界面活性質の消失

    クリックで拡大します

     息を止めて浮上する

  2.  急浮上
    • 肺の中のガス膨張が吐く息のスピードを上回る場合
  3.  咳の出る風邪や呼吸器系の感染
    • 粘液や他の体液が肺の気管を塞いだ場合
  4.  喫煙、受動喫煙(二次喫煙)
    • 喫煙等により、( )( )内の界面活性剤[1]サーファクタンが失われ、息を吐くことでつぶれたそれらが開かず閉塞状態になりうる。つまり換気機能の一部がつぶれてしまうことあります。

      [ 解説 ]

      細気管支肺胞内

      [ 解説を隠す ]

  5.  過去の呼吸器系の病歴(喘息など)
    • 正常な呼吸をしていても、肺の奥深いところに異物があるような場合は、肺の過膨張が起こる可能性があります。

エアー・エンボリズム

肺の過膨張4種

クリックで拡大

エアー・エンボとも略されることがあります。日本語では「空気塞栓症[2]正確には、エンボリズムは血液の流れの中で、流れをブロックするあらゆる種類の遺物を指す言葉。、記号では「AGE[3]Arterial Gas Embolism」となります。

肺の過膨張障害の主な4つのうちのひとつで、最も重大な障害となりえます。

重症の形態

  • 空気の泡が( )に入ったことにより、血流の流れを止めて発作と同じ状態になります

    [ 解説 ]

    動脈循環

    [ 解説を隠す ]

  • 更に浮上するにつれ、気泡は成長を続け、肺の膨張によるトラブルほど、すぐに生命を脅かすようなものは他にありません。

練習問題をやってみましょう

オープンウォーターダイバーコースで、まず習う最も重要な分野です。しっかり確認ましょう。

過膨張障害の種類

肺の過膨張障害には主に次のタイプがあります。

  1. ( )
  2. ( )
  3. ( )
  4. ( )

[ 解説 ]

解答 右図を参照ください

  1. 空気塞栓症、その他の名称
  2. 気胸
  3. 縦隔洞気腫
  4. 皮下気腫

[ 解説を隠す ]

減圧症と肺の過膨張障害

それぞれの症状、徴候、又はその他についてグループ分けしてください。

  1.  関節痛
  2.  血と泡の混じった咳
  3.  麻痺錯乱
  4.  極度の疲労
  5.  目まい
  6.  チアノーゼ
  7.  突然の意識喪失

[ 解説 ]

解答

  1.  減圧症 関節痛
  2.  肺過膨張 血の泡の混じった咳
  3.  減圧症 麻痺
  4.  減圧症 極度の疲労
  5.  減圧症 ひどい目まい
  6.  汚染空気 チアノーゼ
  7.  肺過膨張 突然の意識喪失

[ 解説を隠す ]

肺の過膨張と減圧症の特徴

次の各特長のうち、一般的に肺の過膨張に当てはまるものはどれか?

  1.  通常、浮上後5分以内
  2.  神経中枢
  3.  体の両面
  4.  体の上部と下部両方
  5.  腕と足
  6.  体のどちらか片方
  7.  ファーストエイドで変化が無いか悪化する
  8.  ファーストエイドで緩和できる可能性がある

[ 解説 ]

解答

肺の過膨張障害に当てはまるものは・・・

a. 通常、浮上後5分以内
f.  体のどちらか片方
h.  ファーストエイドで緩和できる可能性がある

[ 解説を隠す ]

注釈   [ + ]

1. サーファクタン
2. 正確には、エンボリズムは血液の流れの中で、流れをブロックするあらゆる種類の遺物を指す言葉。
3. Arterial Gas Embolism




フォローする